キャンピングカーの魅力と需要

キャンピングカーは究極の改造車ですよね!改造車と言えば中古車市場では不人気で買取価格、査定価格も目も当てられない価格の提示もあります。

 

しかしキャンピングカーは、古今の人気で中古車市場にも出回る台数が増えてきていますが、タイプやベース車も違うので同じキャンピングカーというのはほとんど存在しない改造車と言えます。

 

キャンピングカーには、大きく分けてキャブコン、トラコン、バスコン、バンコン、軽キャンパー、トレーラーが挙げられます。
日本市場のキャンピングカーで人気が高いのがバンコンタンプです。ハイエースなどをベースにしたキャンピングカーで普段乗りも可能なキャンピングカーで、キャンピングカーメーカーからもいろいろなモデルが発売されています。
また、最近 話題が多く、人気になっているのが軽自動車のキャンピングカー、軽キャンパーですね!
軽トラや軽バンタイプのベース車を改造したモデルで、価格的にもお求めやすく、経費なども魅力が有り、キャンピングカー初心者に人気が高く、キャンピングカーに憧れがある方、定年後に夫婦で車中泊をしながらの旅行をする為に購入される方が増加しています。

 

キャンピングカーブームに伴い、キャンピングカー市場も拡大し、キャンピングカーもたくさんのメーカーから多種多様なモデルが発売されています。
キャンピングカーは、自動車の中でも高額商品、高級車だと言えます。
人気のバンコンタイプのキャンピングカーの新車価格は、400万円〜になります。平均所得額は、600万円程度だと言われています。
もう少し装備が充実したキャブコンタイプなら600万円〜で平均所得額も800万円程度になります。

 

決して安い買い物ではありませんが、使用頻度が低い方も多く、仕事をしながらでは、月に数回しか使用しない方も多く、費用対効果は悪いと言えます。
また、キャンピングカーを始めて購入した方のほとんどが、装備や室内空間などに不満が出て、買い替えする方も多く、キャンピングカーの売却にも直面します。

 

高額で購入したキャンピングカーですが、中古車として売却する際に査定価格というのは、期待するほどではない事ですね!
次は、キャンピングカーの中古車を少しでも高く売る為のキャンピングカーの査定方法や売却先探しを紹介します。

 


キャンピングカーの売却、高く売ア売る為の査定方法

キャンピングカーは、高額なタイプの車ですが、改造車には変わりありません。車検に対応した改造車で、ベース車も様々ですが、ノーマルに戻すことが不可能な改造車、カスタムカーだと言えます。

 

改造車と言えば聞こえが悪くなりますが、キャンピングカーも改造車の部類で、ベース車をキャンピングカーメーカーなどが独自に改造しています。素材や改造や改造箇所などにより販売価格も様々です。
また、ベース車でも販売価格が大きく変わりますね!
バンコンなら人気は、トヨタのハイエースベース車ですが、ほとんどのキャンピングカーメーカーがバンコンのキャンピングカーのベース車にハイエースを選んでいます。

 

一番売れているキャンピングカーが、ハイエースベースのバンコンキャンピングカーではないでしょうか?
最近では、軽キャンパーが人気で、軽トラベースの本格的な軽キャンピングカーが各社から発売されています。販売台数も増加傾向にあります。
また、軽キャンピングカーは、人気が高く中古車として売却する際にも高値査定が出やすいモデルだと言えます。

 

中古車としてキャンピングカーを売却する際に売却先やどれくらいの査定価格、買取価格で売ることが出来るのか?などを知りたい方も多いのではないでしょうか?
キャンピングカーの中古車は、特殊なので普通の中古車店や自動車ディーラーでは買取してくれないのではと思われますが、車検対応でほとんどの中古車店、ディーラーでも買取は可能だと思います。

 

しかし、キャンピングカーとしての価値、適切な査定価格の点で言えば、キャンピングカーの中古車の買取に積極的な店舗や業者に売却する方が高値査定が出やすいと言えます。

 

キャンピングカーは新車価格が高額なので中古車として売却する際には相当な金額の下落は避けられないと言えます。800万円で購入したキャンピングカーを5年後に売却したとしても半値くらいにはなっているのが普通です。
ただ、10年落ちのキャンピングカーでの査定価格が意外な金額付くことお珍しくないので、年式よりも程度や走行距離に査定価格が影響されることが多いと言えます。

 

キャンピングカーの中古車売却は、購入先のキャンピングカーメーカー、キャンピングカーを扱う中古車店などが挙げられますが、それ以外にも高く買取してくれる業者もあります。
キャンピングカー専門店だからキャンピングカーの中古車を一番高く買取してくれるとは限らないという事です。

 

また、購入したキャンピングカーメーカーが近くにあるとは限りません、ほとんどの方が、購入先のキャンピングカーメーカーが離れていると思います。このようなメーカーでも無料出張査定をしてくれるところもありますが、査定価格は期待できないこともあります。

 

キャンピングカーの中古車の中古車買取相場というのは全く分からないのが現状です。キャンピングカーの中古車買取相場を知る為に利用したいサービスの1つにネットの車一括査定サイトがあります。
キャンピングカーでも対応しているので、簡単な登録であなたのキャンピングカーの査定価格、買取相場を知ることが可能です。
キャンピングカー専門店だけの査定では、安く買われるリスクもありますが、車一括査定サイトでおおよその査定価格を調べておけば、専門店の査定が高いのか安いのかの目安にもなります、
もし高い場合は、専門店の売却で良いでしょうし、安ければ、高値査定の業者に売却しても良いのではないでしょうか?

 

キャンピングカーもモデルやベース車、程度、走行距離、年式で査定価格も大きく変わるので複数業者に査定で少しでも有利な査定、高く売ることを心がけましょう!

 

キャンピングカーの買取に強い車買取一括査定サイト

かんたん車査定ガイド

 

全国対応のの車買取一括査定サイトで、提携業者数よりも提携している業者の質を重視したサービスがかんたん車査定ガイドです。
キャンピングカーの買取にも実績が豊富な業者との提携や大手車買取チェーンなどとも提携しているので、キャンピングカーの適性や査定が期待できます。
キャンピングカーの査定は、基準になる物が少なく、幾らくらいで売ることが出来るのか見当もつかないこともあります。
しかし、このかんたん車査定ガイドを利用すれば、すぐにおおよその査定価格が分かるだけでなく、キャンピングカーの買取にしっ局的な業者を探すことが出来ます。

 

キャンピングカーの中古車を適正に査定して頂ける業者はそれほど多くないと思われます。ですので出来るだけ多くの業者に査定依頼することでそのことも解決できるのではないでしょうか?

 

無料で出来るネットの車一括査定サイトの中でも当サイト1押しのサービスがかんたん車査定ガイドです。

 

        

 


カーセンサー.net簡単ネット査定

 

キャンピングカーの中古車の買取に際には出来るだけ多くの中古車店や車買取店の査定を取ることが有利な売却に繋がると言えます。その為にも利用したいので、提携業者数の多い車買取一括査定サイトではないでしょうか?
提携数の多い車買取一括査定サイトとしておすすめしたいのがカーセンサー簡単ネット査定です。
名前の通り、中古車情報サービスでは国内最大級のカーセンサーが運営する車買取一括査定サイトですので、提携業者数は申し分ありません。

 

カーセンサーと提携している中古車店の査定依頼が出来るのでキャンピングカー専門店やキャンピングカーの取り扱いをしている中古車店などの査定依頼も可能だと思われます。
キャンピングカーという特殊な車の売却には、いろいろなサービスを利用して高く買取してくれる業者を探すことが重要です。

 

       

 


モデル、タイプ別キャンピングカー

キャンピングカーと言ってもタイプやモデル、装備、ベース車などで違いましよね!
大きく分ければ上記でも紹介しましたがキャブコン(トラックタイプ)、トラコン(ボンネットトラックタイプ)、バスコン(マイクロバスタイプ)、バンコン(1ボックスタイプ)、軽キャンパー(軽自動車タイプ)、トレーラー(牽引トレーナータイプ)に分けることが出来ます。

 

日本では、トレーナータイプはバスコンはあまり実用的ではありません。
日本のキャンピングカーで人気が高いのは、バンコンタイプですね!キャブコンも本格的にキャンパーとしている方には人気があります。最近では、手軽な軽キャンピングカーはキャンピングカーとしては爆発的な人気になっています。

 

タイプ、モデル別でキャンピングカーを見てみましょう!

 

キャブコン

日本ではキャンピングカーとして実用性が高いモデルだと言えます。トラックベース、1t、1.5t、2t車ベースのモデルが多く、特にトヨタの咬むロードベースのキャブコンが多く、いすゞエルフ、三菱キャンターやマツダボンゴトラック、日産バネットなどのベース車が利用されています。
最近では、ハイエースベースのキャブコンも多く制作されてきています。
キャブコンの魅力は、室内スペースの広さ、高さですね!大人の人が余裕で立って移動できるスペースとキャンピングカーとしての装備ですね!テレビはもちろん、電子レンジ、冷蔵庫、家庭クーラー、トイレやシャワーを完備したモデルも多くあります。
ただ、車高も高くトラックですので立体駐車場などには入ることが出来ないなどの制約がある為、普段乗りとの共用が難しい面もあります。
購入金額も800万円以上のモデルが多く1000万円を超えるモデルまであります。
キャンピングカーマニアは最終的にたどり着くのが、日本ではキャブコンだと言われています。

 

バンコン

日本市場のキャンピングカーにぴったりのサイズは、バンコンタイプだと言えます。1ボックスカーをベースにしたキャンピングカーで、外見は1ボックスカーのタイプからハイルーフで室内空間を大きくしたモデルまで、タイプも選ぶことが出来ます。
ハイエースベースのバンコンが一番多く制作されていることから、ハイエースのバンコンが用途によって選べることも人気だと言えます。
普段乗りからキャンプシーンまで用途も選ばず利用できる日本市場にぴったりのキャンピングカーの1つがバンコンタイプです。
価格も装備やベース車のグレードのによって500万円程度から発売されています。
ハイエースの新車価格が300万円前後だと考えるとそれほど高くないキャンピングカー、はじめてのキャンピングカーとしても購入しやすいモデルだと言えます。

 

軽キャン

軽キャンとは、軽キャンピングカーです、ここ数年で爆発的に人気が出たキャンピングカーで、軽トラや軽ワゴン、バンタイプがベースで1人、2人までの就寝が可能なモデルが多く、軽自動車がベースという事で購入価格、経費や維持費も安くすみます。
購入価格は200万円前後のモデルが多く、購入者の年代も若年層から定年された方まで幅広く、用途も幅広いと言えます。
キャンピングカーに憧れがある方で金額的に踏ん切りがつかない方にも軽キャンなら敷居も低く、ちょっとした旅行には十分な装備のキャンピングカーを手に入れることが出来ます。
軽キャンピングカーはまずます人気が高くなるモデルだと言えます。キャンピングカーメーカーも新型モデルの発売が増えているのが現状です。

 

トラキャン

トラキャンとは、ピックアップトラックの荷台部分にキャンピングスペースの荷台を乗せるタイプのキャンピングカーです。
一昔前の海外映画によく出ていたキャンピングカーと言えばお分かりいただけるのでしょうか?
ボンネットのあるトラックの荷台にポンと乗せただけのキャンピングスペースでほとんどの場合、簡単に荷台部分を取り離せるタイプです。
日本では、ハイラックストラックやダットサントラックなどをベース車のトラキャンが多く発売されています。
トラキャン自体、日本市場では少なく、販売台数も少ないと言えます。

 

トレーナータイプ

トレーナータイプのキャンピングカーは日本市場では取り回しも難しくあまり普及していないと言えます。
車と別にトレーナーハウスを牽引するタイプのキャンピングカーで、保管場所も必要になることや牽引するためのスキルも必要になります。
室内空間は贅沢なトレーナーも多く、キャンピングカーで全国を旅する人には、選択はありますが、週末だけの利用には現実的ではないキャンピングカーと言えます。

 

バスコン

究極のキャンピングカーと言えるバスコン、マイクロバスをキャンピングカーに改造したタイプで、価格も1000万円以上するタイプが多く、贅沢な装備を備えたバスコンが多く、キャンピングカーで生活できるレベルの装備のバスコンが多くキャンパーの憧れでもあります。
日本では少し大きなキャンピングカーだと言えますが、装備や移住空間はキャンピングカーの上位モデルだと言えます。

 

 

タンプ別、キャンピングカー無料一括査定
バンコン キャブコン 軽キャン

バンコン無料一括査定

キャブコン無料一括査定

軽キャン無料一括査定

トラキャン バスコン トレーラー

トラキャン無料一括査定

バスコン無料一括査定

トレーラー無料一括査定

人気のキャンピングカー

ハイエースベースのキャンピングカー

日本市場で人気のキャンピングカーと言えばバンコンタイプのキャンピングカーではないでしょうか?
1ボックスカーやミニバンなどをベース車にキャンピングカーとして改造されたモデルで、特に人気が高く、各社からたくさんもモデルが発売されているのが、ハイエースベースのキャンピングカーです。

 

ハイエースベース車は、標準ルーフからハイルーフ、ワイドボディまで選ぶことが出来る車種で、キャンピングカーのベース車としてはこれ以上ないほどだと言えます。
また、ハイエースは人気が高く、性能面、装備面でも充実しているのでキャンピングカーとして人気が高く、ハイエースのキャンピングカーが一番売れていると思われます。
最近は、ハイエースベースのキャブコンモデルの発売も出てきているハイエースベース車のキャンピングカーがまずます増加しているのが現状です。
また、ハイエースのキャンピングカーは、人気が高く、中古車市場でも人気が高くキャンピングカーとしては高く売ることが出来るモデルと言えます。
キャンピングカーは、自分好みの装備、内装で制作されることが多く、ハイエースはその点でも優れているモデルで、制作しているキャンピングカー制作会社やキャンピングカービルダーも多いので、装備など融通が利きやすく、趣味利用のキャンピングカーや乗用車兼用のキャンピングカーなど希望するタイプの改造がしやすいモデルです。

 

軽トラベースの軽キャン

古今の車中泊ブームで人気が高まっているのが軽自動車ベースのキャンピングカーです。以前は、軽バンや軽ワゴンベースの軽キャンが主流でしたが、最近は、軽トラベースの本格的な軽キャンピングカーをキャンピングカー制作会社も発売しています。
新車価格的にも、キャンピングカーを購入するとした場合、600万円以上は必要ですが、軽キャンピングカー、軽キャンなら200万円前後の価格帯での購入が可能で、キャンピングカー初心者、はじめてのキャンピングカーや週末だけ車中泊をする方に人気が高まっているモデルだと言えます。
軽キャンは、キャンピングカー業界でも注目のモデルで、キャンピングカー人気をバックにこれからも販売台数も多くなると予想されます。
軽キャンは、中古車としても高く売ることが可能なモデルで、キャンピングカーとしては売却しやすいと言えます。